富士見クリニック

お電話でのお問合せ
Tel.03-3382-2200

富士見クリニック

MENU

脳神経外科

Medical

頭痛

〜急な頭痛や、日常生活ができない頭痛に悩んでいる方〜

頭痛はよくある症状で、頭痛に悩まされている方はたくさんいます。しかし、頭痛と一言で言ってもその原因はさまざまです。

大切なことは危険な頭痛を見逃さないことです。たかが頭痛といって自己判断しないでください。

危ない頭痛のサイン

  • 今までに経験したことがないタイプの頭痛
  • 前触れなく突然おこる頭痛
  • 何かしているとき(トイレ中、興奮したときなど)に起こった頭痛
  • 頻度と強さが増していく頭痛
  • 発熱や嘔吐、めまいをともなう頭痛
  • 早朝や起床時に起こる頭痛
  • しびれや麻痺をともなう頭痛
  • 頭をケガした後の頭痛
  • 50歳以降に初めて起こる頭痛

頭痛の多くは命に関わらない頭痛(一次性頭痛、慢性頭痛)ですが、時に命に関わることもある危険な頭痛(二次性頭痛)が含まれます。 この二次性頭痛には、くも膜下出血や脳出血といった脳卒中、脳腫瘍、髄膜炎などがあります。

上記のような頭痛を感じたら、すぐに受診をして下さい。また、一次性頭痛(慢性頭痛)をもっている方でも、いつもと違うタイプの頭痛を感じたら、二次性頭痛をきたしていることもあり、専門医での診察が必要です。

めまい

〜ぐるぐる、ふわふわしてふらつく方〜

めまいは内耳に原因がある「末梢性めまい」と、主に脳幹や小脳に原因がある「中枢性めまい」に大別されます。一般的にめまいの原因のほとんどが「末梢性めまい」であり、中枢性とくに脳卒中が原因であるものは数%しかありません。しかし、「中枢性めまい」の多くは重篤になりやすく的確な診断・治療を要するいわば「危険なめまい」が多いのも事実です。これには迅速かつ的確な神経診察と、MRI検査などを必要とします。

もの忘れ

〜最近もの忘れが気になる方、ご家族の中に気になる方がいる〜

  • 最近タレントの名前が思い出せない
  • 久しぶりに会った人の名前がとっさに出てこない
  • 何かをしようと思ってきたのだが何をするのか忘れてしまった

などという経験は誰にでもあるでしょう。これらは老化現象として過度に不安がることではありません。

一方、「認知症」は単なる物忘れや「年のせい」では片付けられない病気です。「認知症」は脳神経細胞の減少や機能低下といった老化現象が、何らかの原因(病気)で通常よりも早くかつ高度に起こってしまう病気です。よって、どこまでが正常の老化現象にともなう「物忘れ」で、どこからが「認知症」であるかを見極めるのは専門的な診察が必要です。

診療内容